www.firstagmulvane.org
FXの投資に関しての対象は、各国の流通貨幣でしょう。流通貨幣についての事を会得してみようと計画しています。・公式通貨には「基軸通貨」と称されるものがございます。基軸通貨とは、国と国での決済や金融機関の取引に関して主に活用される公式貨幣のことを指し現状では$(アメリカドル)であります。一昔前は£(イギリスポンド)基軸通貨だったのですが第二次世界大戦が終わった後アメリカドルになったのです。・FXを利用してやり取りされる流通貨幣の種類は、他で言う外貨投資に比較して非常に多いというのが特殊性というのがあります。FX会社によって公式貨幣の種類においては、違っているのですが一般的には20種類位ある様子です。動きが大きい公式通貨をメジャー通貨と称します。変動性が高い数値というのは、取引きがたくさん実行されておるという事であり通貨のビジネスがしやすいという意味です。重要な貨幣には上記においてお話した基軸通貨と呼ばれるアメリカドルに、日本円、ユーロ(?)3種の通貨が存在しており、世界三大通貨と言われています。カナダのドルなどが準メジャー通貨と言われています。これら貨幣以外の流動性が少しの通貨はマイナー通貨と呼ばれて、比較的経済の力が乏しい国での通貨で南アフリカランドやシンガポールドル、インドルピー、メキシコペソなどが主とされている通貨に関しては売買している量が豊富なので価格の起伏が安定していて、ニュースの数も多くいきかっているそうです。マイナー通貨においては金利が高い額な通貨という事が多く、値の乱調が激しいとの事らしいです。価格の起伏が大きいという事においては絶大なもうけを入手するチャンスが存在しますが利益を得る機会があるだけリスクの恐れも大きい事があげられます。変動が小さい流通貨幣であるからしてかたを付けしたい時により売買を完了させる事が出来かねる可能性があります。どの通貨を選択するのかは、通貨の特性をじっくりと吟味してからにする事は大切であると思いました。