www.firstagmulvane.org
週刊誌のチラシ、ゴシップ新聞、街中に貼られた宣伝チラシやダイレクトメールで、「多重借金の整頓します」「多重債務を一本化したくありませんか」などの惹句を閲覧することがしばしばです。そのようなものは、「整理業者」「買取専門人」「つなぎ屋」という名の悪徳会社のおとり広告の場合があるということなのです。そのようなものを申し込んだときには破産申請フローの中で免責許可を得られないリスクが存在します。「整理人」の場合は宣伝などで借金のある人を呼び出し、すさまじいサービス料を請求して債務整頓をしますけれど、実際のところ債務整頓は実行されずに、当人は借金地獄にはまってしまうことがほぼすべてと言えます。「買取専門人」とは負債人の分割払いで、電化用品、新幹線のチケットを購入させ借金者からそういった品を値段の10%〜額面半値で買い上げるという手段を使っています。負債人は一時的には金が得られますがクレジット企業によって購入品の支払い要求が送られてきて、結局は債務をアップさせることになってしまいます。このケースだとクレジットカード会社に対して詐欺とされてしまい免責が手に入れられなくなります。「紹介業者」の場合、有名な貸金業者から貸してもらえなくなった債務人に対して、直接の融資は全くせずに、金貸しを可能な違う貸し手を呼び出し、高い依頼料を取っている悪徳業者です。紹介業者は専門的な苦労で融通が受けられたという口調で報告しますが何もしていなくて、単に審議の通りやすい会社を把握しているだけというやり口です。この場合だと結局は債務額を拡大させる結果となります。