www.firstagmulvane.org
為替の市場についての基本的要因に携わるお話をしたいと思います。為替の市場とは「自分でお金の送金をなすことなく資金のやり取りの望みを為すこと」なのです。通常為替というとたいてい国際為替の事を言い表すという事が一般的です。国際為替とは両国の金の交換のことを言います。他国へ旅行(スペイン、台湾、アメリカ)をしたことがあるならばみなさん国際の為替の経験をしたことがあります。銀行にて他国のお金に両替をすれば、それが外国為替という事です。為替の相場は買おうと思っている人と売ろうと思っている人の金額を言うものです。銀行間の取引によって決まります。その銀行がマーケットメイカーと言われている世界中の銀行なのです。為替の相場はたくさんの力を受けてもなお休むことなく刻々と変わって行きます。相場を変えて行く動因はファンダメンタルズというのが言われます。ファンダメンタルズとは何かと言うと、経済動向、経済の土台や条件のことを指します。それぞれの国の経済の上昇や景気状態、物価の水準、金融緩和、経常収支、無就業者数、有力者の発言などいくつかのものが絡んで為替相場は変動し続けます。ことさら国際収支や失業者数は影響が大きいと考えられます。国際収支統計とは何か日本でいうと財務省からの言いつけで日本銀行が通関統計をベースとして作った異国との任意の期間の経済の取引を記載したものです。国際収支は行政機関や中央銀行のHP等で開けます。就職者の統計、失業者数も重要視されることが多い要素と言われます。ひときわ米国労働者の統計は重要視されます。月ごとに公表されリサーチの目当てが広範囲なことが特性です。為替レートの動きは経済自体の状況を指しています。経済自体の変動を見極めることにより為替のレートの状況見通しができると結論付けられます。